X47 A5Timer A5タイマー 牛革 クラシック スムース 363 (システム手帳/Smooth/エックス47)

X47 A5Timer A5タイマー 牛革 クラシック スムース 363 (システム手帳/Smooth/エックス47) X47 A5Timer A5タイマー 牛革 クラシック スムース 363 (システム手帳/Smooth/エックス47) X47 A5Timer A5タイマー 牛革 クラシック スムース 363 (システム手帳/Smooth/エックス47)

X47 A6タイマーサイズ:約W230×H165mm(開いた状態)スプリングバー金具:A6対応3ケ素材:牛革カード仕切りポケット6つ 差し込み式ポケット2つ ペンホルダー1つこちらの商品はカバーのみとなっております。

専用のリフィルは別売となっておりますのでご注意下さい。

X47 ブランドヒストリー誰もが手帳選びに頭を悩ませた事があっただろう。

迷う理由はどこにあったのだろうか?X47創業者のMattiusButterは、学生の頃より疑問を持ち手帳の研究を始めていた。

システム手帳のリングバインダーは自分のオリジナルの組み合わせができるのが魅力である。

ただ、真ん中の大きなリングのせいで書き込む際に左右の不自由を実感せずにはいられない。

また、リフィルを外した際に肝心なページが見つからなかった為、1枚1枚広げて探さなくてはならなかったりした事も経験あるだろう。

おまけに、リングの穴が破れたりして困った事もあるはずだ。

一方、綴じ手帳はバラバラになったり、見つけたいページを探すのに困ったりはしない。

しかし1年間もの長い期間分(特に年始めと年末などは用をなさないページまで)持ち運び続けなければならず、ノート部分が少なく別のノートを並行利用している人が多いのが事実だ。

この2つの主流のそれぞれの利点を組み合わせることができれば、新しい手帳ができるのでは無いだろうか・・・組み合わせ自由でリングで邪魔されない手帳を考案しようと、綴じ手帳の組み立てからブックレットのリフィルを使う事から研究が始まりました。

ブックレットタイプのリフィルの開発で、従来のシステム手帳リフィルより書くスペースの47%アップを実現しました。

書くスペースの拡張と共にリフィルの着脱にリングを使わない事で薄く軽い新しいバインダーを生み出すことにもつながりました。

さらに、軽量かつスタイリッシュを目指し完全オリジナルのリフィルをラインアップし、手帳カバーの素材はドイツの脈々たる伝統の最高級皮革を使用するにいたりました。

このブックレット最大のアイデアはリフィルの背にメタルバーを付け、これをカバー本体にスプリングバーで固定する画期的なツールを組み合わせた事です。

スプリングバーは時計のバンドを固定するものとして知られていますが、これを採用することで非常に丈夫で付け外しがしやすいというさらなる利点が生まれました。

リフィルのバリエーションも使う人に合ったオリジナルオーガナイザーを作れるよう、工夫されたラインアップになっています。

ダイアリーの中でも最もユニークなサークルタイマーのフォーマットは時計を使ってタイムマネージメントをするという新しいアイデアのダイアリーです。

スケジュールが一目でわかる一度は使ってみたくなるデザインです。

2003年創業開始に至ったX47社は未来のオリジナルオーガナイザーを目指し更に研究を重ね進化しています。

今後、世界の国々で今日使われている手帳やバインダーノートにX47が確固たる位置に登場してくるのは間違い無いことでしょう。

未知数[X] フォー[4]  幸運[7] からも連想できる、ブランドネームのX47はラッキーセブンを呼び込む商品としても持って幸運なアイテムです。

この手帳を使う事で幸運が訪れる? そんな気分にもなるかも知れません。

製品は最高の材料を吟味し伝統あるドイツ国内の手作業で仕上げられているため製品の品格を感じ取って頂けることも請け合いです。

ガウチョはネック部分の革を使用し、光沢のある仕上がりとなっています。

牛ネックの革は自然なシワが入っていることが多く個体差があるため、革に精通した方から好まれる傾向があります。

【X47リフィルの取り外し方】リフィルノートを上の方に引っ張りあげる感じで持ち上げると上の金具にはスプリングが入っているため下の金具から外れます。

差し込むときは上のほうから入れて頂くと簡単に差し込むことができます。

  • 商品価格:27,000円
  • レビュー件数:0件
  • レビュー平均:0.0